「林さん、お願いします」

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140613190813j:plain

 

 

「ざわ・・・ざわ・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

林「今日は『暇な女子大生という若い芽を潰す』ってのがコンセプトのイベントだったよね・・・?」

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140609224419p:plain

 

 

「あんなに死にそうになってた人を『潰す』なんてことしたらさ…」

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140613210439p:plain

 

 

「オレ悪者にしかならないよね」

 

 

「大丈夫です林さん」

 

 

 

林「とりあえず君に『努力せずウケるコツ』を教えてあげる」

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140613212539p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「林さん・・・」

 

「うん?」

 

 

 

 


 

 

 


 

 

 

 

「わたし・・・インターネット業界で生き残りたいんです…わたしはこの先、生き残れると思いますか?」

 

 

 

 


 

 

 

「さあ、それは分からないな」

 

 

 

 

 

「というか、面白インターネットの未来自体が今後どうなるか分からないから何とも言えないね」

 

 

 

それに僕と君とはいわばライバルだ

 

 

f:id:aku_soshiki:20140613221200p:plain

 

 

おもしろ芸人枠ってのはそこまで多くは用意されてない

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140613221352p:plain

 

おもしろインターネッターたちは所詮儚い存在…

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140613192427j:plain

 

人々に飽きられたらそこで終わりなのよね…

 

 

林「こらこら何をする」

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140613194627j:plain

 

君ってさ、大森か蒲田にいるホステスみたいだよね

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140613221200p:plain

 

場末の

 

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140613221352p:plain

 

わたしデイリーポータルZが大好きなの。本当よ?

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140613192427j:plain

 

インターネット芸人にとってデイリーポータルZのライターになるのはとても名誉なこと…

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140613191939j:plain

 

そう言ってくれてとても嬉しいよ

 

 

 

 

暇「林さん…前からずっと言おうと思っていたの…!」

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140613193743j:plain

「わたしをデイリーポータルZのライターとして雇ってください!」

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140613210439p:plain

 

「無理です」

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140613223844p:plain

 

一度だけでいいから

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140613223910p:plain

 

間に合ってます

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140613224053p:plain

 

 

 

 

司会「それではこれから15分間の休憩に入ります」

 

 

 

ーこうして前半戦が、幕を閉じたー