こんばんは。暇な女子大生です。

 

気がつけば9月・・・

期末テストやらアルバイトやら盆の帰省などでてんやわんやしているうちにブログの更新さえ滞っていました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今年はとにかく暑かった。こんな暑い夏の正しい過ごし方・・・湘南の海に泳ぎに行く?北海道まで涼しさを求めて旅行する?いいえ、「朝から晩まで冷房のきいた屋内でバイトする」が正解。家に引きこもってるのもいいけど、クーラー代バカにならないし、非健康的だし・・・!

 

バイトしていれば適度に運動にもなってお金も貯まる、一石二鳥ですね!

 

「派遣型イベントスタッフ」は就活などで急な予定の入りがちな大学生にとって便利なアルバイトです。「月の始めにシフト提出」なんてする必要ナシ。自分の働きたいときに(場合によっては前日でも)電話一本で出勤予約出来ちゃいます。

 

というわけで夏休みなのに特に予定もなかった暇女は即派遣会社にTELして現場にGOしました。

 

イベント会場には色んなアスレチック(大きな滑り台や迷路)、その他体験型ゲーム(ストラックアウト的なもの、有料)など子どもたちが喜びそうなものがたっくさんあります。

 

現場でスタッフお揃いのベストを支給され、いざ子供たちの魔窟へ・・・

 

予想していたよりも随分年齢の小さい子供たちばかり!小・中学生というよりも幼稚園児以下の子供たちが目立つ・・・これは難航しそうな予感!

 

ゲームの説明をしてもいまいち分かってなさそうな顔で見つめてくる。でも長い列を作って待っている子供たち(と怖い顔をした親御さんたち)がいるからついつい対応が流れ作業っぽくなっちゃう・・・早く回転させなければクレームが怖い!

 

ちなみに入場料が1500円ほど(大人)かかり、有料のゲームは一回300円もかかります。子どもは喜び大人は泣きたくなるような催し物です。

 

しかしまさかの大盛況で会場には人が溢れており、ちゃちなゲームも60分待ちなどざらで、「こんなのに並ぶのならねずみーランドの方へどうぞ!」と思わず言いたくなりました。笑顔でぐっとこらえる!

 

「1時間も並んでこれなの?」

「ぼったくりじゃ~ん」

「ふざけんなよ」

大人たちからの不平不満がそこかしこから聞こえてきます。独り言なのかスタッフにわざと聞こえるように言っているのか定かではありませんが、子どもたちの前で堂々と文句言うような親がこんなにもいるのかと驚愕したり!\^^/この人たちの子どもも将来マナーの悪い大人になってゆくのだろうなあ・・・

 

特にひどかったのが有料ゲームの対応をしていたとき。

成功すれば光るおもちゃがもらえるのですが、それを手に入れるために子どもにわざとズルをさせたり、スタッフに無理を言ったり(「もうこれに1200円も注ぎ込んでやってんだから成功ってことにしなさいよ!」)、星一徹並みのスパルタさで子どもを叱り付けたり(「もっと右よ!ダメじゃない!もう!下手くそ!」)、あとおもちゃを勝手に盗もうとしたりなんかもありました!

 

なんとなく子どもが可哀相になってくる!

 

私の親はこんなんじゃなくて良かった!

 

もちろん素敵なお父さんお母さんもいましたよ!スタッフにもとっても礼儀正しく接してくれる親御さんもたくさんいました。そしてそういう方たちのお子さんは本当に良い子でした^^

 

この現場はマジでもうげっそりするくらい疲れました(一週間ぶっ通しで働いて限界を迎えた)!子どもたちの相手に、というよりもむしろ大人たちからのプレッシャーが怖かったかもです。

 

まあお金は高いし待ち時間は長いし・・・となれば苛つくのもちょっと分かるけどね!

 

でも働いた後のご飯はむちゃくちゃ美味いし夜はぐっすり眠れるしで健康的な一週間を過ごせたと言えます!

 

迷子が出たり、遊んでる途中でゲロっちゃう子どもが出たり(もちろんその後完全清掃)などハプニングは度々ありましたが、夏休みのハードな思い出としてちょっと面白い体験になりました。

 

 

※派遣型イベントスタッフは他にもコンサートスタッフとか展示会の受付とか簡単なものもあります!