「若林正恭」に正しく振り仮名を振ることは出来ますか?私はできません。

 

わかばやしまさ・・・ま、まさ・・・たか?

正解は、「わかばやしまさやす」と読むのだそうです。

 

わかばやしまさやすさんの「社会人大学人見知り学部卒業見込」という本を買ったのです。

 

その本の中で「夢日記」というものの存在を知りました。寝ているときに見る夢を記録するものではありません。

 

50年後の自分がどうなっていたいかを書いて、そうなるために40年後、30年後どういうキャリアを積んでいるか、何をしているのかなど詳しく書くのです。

 

50年後の自分、40、30、20、10年後の自分、5年後の自分、来年の自分、来月の自分、来週の自分、明日、そして今日の自分。50年後から遡って今日何をすべきかを書き出すのです。

 

私は50年後、「養子を含めて子供が15人いる」「愛人多数」と書きました。70代になっても痴女は健在みたいです。海外の映画監督のために脚本を書いてあげたり、村上春樹と対談したり、芥川賞の選考委員をやっていたり、私の未来はとても輝いています。遠い未来のことを書くのは簡単なのですが、半年後にやるべきこと、来週やるべきことを考えると難しくなってきます。「やらなきゃいけないことだけど、来週までにこれをやるのは面倒くさいなあ」と、一気に現実味を帯びてきます。

 

そこを無理矢理にでも書いてしまうことが大事なのです。今日やれることを今日中にやる、それこそが50年後の幸せのための第一歩なのです。

 

私は今日やるべきことに「岡田斗司夫の本を読む」「アイアムアヒーロー12巻を買う」「ブログ執筆」と書きました。

 

夢に一歩近づきました。