それはのどかな日曜日の朝だった。空はどこまでも晴れ渡っていた。窓を開ければ爽やかな秋風が部屋の中を通り抜けた。   「ピンポーン」   突然のチャイムの音に驚いた。やれやれと腰を上げる。『また宗教の勧誘か・・・?』日曜の午前中にやってくるのは大抵宗教の連中

ReadMore