こんにちは。お久しぶりです。佐田です。

うーん前回の更新からかなり間が空いてしまいました。


ネタのストックはかなりあるのに、パソコンを前にすると『書けない…』の繰り返しで、まあ今に始まったことではなく何年も前からずっとそうなんですが

でも『今なら書けるかも』というタイミングを待っていたら次の更新が2038年くらいになってしまいそうだったので、2017年ギリギリに滑り込んでみたいと思います。


半年くらい前のことになりますが(笑)、東京から福岡の実家に帰った頃のことから書いてみます……

o
上の画像は実家に帰る直前のわたしです。

信頼できる友だちがいない・家族が近くにいないことからの孤独感、『書けない…』という毎日の焦り……。

現実の不安と寂しさを紛らすために数年前から陥っているネット依存が更に強くなり、日々の生活も疎かになっていた自分の身体にはエネルギーもほとんど残っておらず、青い顔をしながらかろうじて生きていました。
ane
わずかに残った力を振り絞り姉に連絡を取ると「一回実家帰ってみたら」ということだったので、自分自身で何かを決断することもままならないほど頭が回っていなかったわたしは素直に従うことにしました。

ちなみに上の二つの画像はWindows10に付いていたペイント3Dというアプリで作っています。今日初めて使いました。
mi
福岡に帰ってからひと月ほど経ち、少しエネルギーを蓄えられたわたしは“先生”と呼ばれている人のところに悩みを相談しに行きました。

本当の先生は猫ではなく普通の人間のおじさんですが、ペイント3Dの中にあるモチーフが“人間男、人間女、犬、猫、魚”の5種類しかなかったため、見分けをつけるために猫にしてみました。

ne

わたしの小さい頃から現在までの話を黙って一通り聞いた後、先生はこう言いました。

『もう一度すらすらブログを書いたりライティングの仕事をこなせるようになりたい』ということしか頭になかったし、それを主に解決したかったわたしは、“対人恐怖”というワードが突然出てきたことにやや驚きました。

しかし子ども時代から今までのことを考えると思い当たることがあり、むしろ思い当たることしかなく、わたしはヒントをくれたように感じたこの“先生”の下に通う日々が始まっていったのでした……

久しぶりにブログを書いたらちょっと疲れたのでここで区切ります。多分ここからはあんまり更新の間が空くことはないです……。